任意売却ならローンの残金が残っていたとしても住宅を売れるので専門家に相談しよう

ローンが残っていても売る方法がある

住宅模型を持つ人

自宅を購入した場合、現金での一括払いではなく、ローンを組んで分割で支払うことを選んだ方は多いでしょう。一度に支払う額が少なくなるため、とても便利な方法ですが、住宅を売却したいときに問題になることがあります。それは、売却して得られる予定のお金がローンの残金よりも少ないと、売ることができないという問題です。自身が所有する家なのだから、普通に売れると考えるかもしれませんが、ローンを組んだ金融会社に無断で売却はできません。したがって、ローンが残る住宅を売りたいのならば、許可を得てから行う、任意売却を選ぶ必要があります。任意売却は自身でも行えますが、トラブルを招きたくないのなら、専門家への相談を考えましょう。

ローンの支払いを滞納し続けると競売に

男女

任意売却以外にも、ローンが残っている住宅を手放す方法はありますが、とてもおすすめできるものではありません。その方法は競売といって、ローンの支払いを滞納し続ければ、勝手に手続きがされて、住宅の持ち主の意思とは関係なく行われます。専門家に相談する必要もないため、便利だと感じるかもしれませんが、確実に損をするので競売は絶対に避けるようにしましょう。競売になると、任意売却を選んだときよりもずっと安い金額で手放すことになるため、後悔する可能性が高いです。

費用を節約したいなら

住宅模型とグラフ

任意売却を専門家に頼むと、料金が発生するため、無料でやってもらうというわけにはいきません。ただし、初回の相談ならば、無料で行ってくれるところもあるので、そちらに依頼をすれば料金を節約できます。任意売却に詳しい弁護士や不動産屋がいるので、そちらを探して、住宅を売りたいことを伝えましょう。詳しい専門家に依頼ができれば、事情をすべて考慮してくれた上で任意売却の手続きを進めてくれるので、いわれた通りに行動をしていればすべてが終わります。

住み続けられる可能性を探ろう

男性

任意売却が成功すると、住宅の権利は他者に移ってしまうため、当たり前ですが住み続けることはできません。しかし、リースバックという方法を利用すれば、手放したあとでも、同じ住宅に住み続けられる可能性があります。そのリースバックは、売却した相手とリース契約を結ぶことで実現できる方法で、家賃を支払うことで住み続けられるようになります。もちろん、任意売却をするときにいつでも選択できるような方法ではないため、リースバックを利用したいのなら、専門家に実現が可能か相談をしてみましょう。ただし、特殊な方法なので、リースバックを得意とするところを選んで相談しなければ実現は難しいです。

広告募集中